現在のページは、ホームの中の探るの中の2021年度研究予定です。


研究予定

一般研究

(イ) 「セム語文字資料に基づく古代オリエント世界の研究」

担 当:月本 昭男(館長)

楔形文字書板を含むセム語資料に基づいて古代オリエント文明の社会と宗教を探究し、古代オリエント世界が人類の精神史に及ぼした影響について考察する。

(ロ) 「西アジア・中央アジアの考古美術の東西交流」

担 当:津村 眞輝子(研究部長)

様々な民族が支配した西アジア、中央アジアにおいて、それぞれの制度や文化がどのように共存・継承されたのかを、ヘレニズム期から初期イスラーム時代(前4〜後8世紀)の出土資料をもとに考察する。

(ハ) 「西アジア考古資料による生産技術と交流の研究」

担 当:津本 英利(主任研究員)

紀元前1200年頃に起こった、青銅器から鉄器への移行という人類史上の画期的な技術的進歩について、発掘調査で出土した考古資料に基づいて、歴史的・社会的・技術的側面から考察する。

(ニ) 「古代エジプト人の宗教生活に関する比較神話学的研究」

担 当:田澤 恵子(主任研究員)

古代エジプト人の神概念と信仰形態について比較神話学の手法を用いて検証し、古代エジプト人の宗教生活の特異性と普遍性について考察する。

(ホ) 「西アジア・東ヨーロッパ先史土器の時間的変遷」

担 当:千本 真生(研究員)

西アジアと東ヨーロッパにおける先史社会の変化速度の変動パターンを解明するために、新石器時代から青銅器時代までの土器の時間的な変遷過程を明らかにする。

(ヘ) 「古代オリエント博物館資料を活用した教育実践研究」

担 当:高見 妙(教育普及員)

古代オリエントの考古資料を活用した学習活動がもたらす効果と意義を博物館教育の視点から検証する。

(ト) 「西アジアにおける宗教形態に関する研究」

担 当:岩嵜 大悟(共同研究員)

古代イスラエルとパルミラを中心とする西アジアの宗教形態について、それぞれの地域の信仰や神概念、および祭儀を中心とする宗教儀礼について検討する。

(チ) 「地中海東岸地域のローマ化・キリスト教化に関する考古学的研究」

担 当:江添 誠(共同研究員)

紀元後1世紀のローマ帝国の属州支配の中で地中海東岸地域において生じたキリスト教という宗教活動が、ローマ社会との関わりの中でどのように成立し、発展していたのかを、発掘調査によって得られた知見を基に考古学的に検証をする。

(リ) 「古代西アジアのスポーツと物質文化におけるその表現」

担 当:ディヴィナ・ハギス(共同研究員)

現代スポーツの古代形態とその物質文化における表現を研究し、ギリシャ以前のスポーツのパラダイムを考察する。

特別(共同)研究

1. 古代オリエント博物館研究員が代表者として実施する研究

【新規】

(イ)「人身供犠の解明―古代オリエント・地中海世界を中心として―」

日本学術振興会2021年度発足 若手研究

古代オリエント・地中海世界に見られる人身供犠のうち、古代イスラエル・ギリシア・ポエニ世界を中心として、文献資料・考古資料の両者を用いて、人身供犠の宗教的特質を解明する。

研究期間 :2021年度〜2022年度
代表者 :岩嵜 大悟(古代オリエント博物館 共同研究員)

【継続】

(イ)「人類宗教史における『地母神』概念の総合的、実証的、批判的検証」

日本学術振興会2020年度発足 基盤研究(B)(一般)

古代オリエントを中心に、ひろく「地母神」と呼ばれてきた女神とその信仰形態に関して、人類学、考古学、文献学、神話学、心理学などの分野から、綜合的・実証的に検証する。

研究期間 :2020年度~2022年度
代表者 :月本 昭男(古代オリエント博物館 館長)
研究分担者 :津本 英利(古代オリエント博物館 主任研究員)
研究分担者 :田澤 恵子(古代オリエント博物館 主任研究員)
(ロ)「出土資料からみた北シリア、ユーフラテス川流域のヘレニズム時代以降の埋葬文化」

日本学術振興会2019年度発足 基盤研究(C)(一般)

古代オリエント博物館が発掘し所蔵している北シリアの出土資料をもとに、ユーフラテス川流域の埋葬文化について考察する。

研究期間 :2019年度~2021年度
代表者 :津村 眞輝子(古代オリエント博物館 研究部長)
(ハ)「土器生産と流通にみる青銅器時代バルカン半島の社会変容と西アジアとの交流関係」

日本学術振興会2019年度発足 若手研究

ブルガリアを中心に青銅器時代遺跡から出土した土器を対象に、考古学的・地球化学的手法を用いて分析し、土器の生産体制と流通および古代西アジアの都市社会との交流について明らかにする。

研究期間 :2019年度~2021年度
代表者 :千本 真生(古代オリエント博物館 研究員)

2. 他の研究機関が実施する研究に参加するもの

【新規】

(イ)「イラク・クルディスタン自治区の文化遺産の保護と活用」

2021年度文化庁委託事業 文化遺産国際協力拠点交流事業

イラク、クルディスタン自治区の博物館に所蔵されている考古遺物の保存、修復、展示作業を通して、専門家の交流をはかり、国際的拠点を形成する。

研究期間 :2021年度
代表者 :西山 伸一(中部大学 准教授)
研究分担者 :津村 眞輝子(古代オリエント博物館 研究部長)
(ロ)「アルメニア高地における初期農耕の北方適応の過程を探る」

日本学術振興会2021年度発足 基盤研究(B)(一般)

西アジアで新石器時代に始まった初期農耕が北方地域に適応しながら拡散したプロセスを、アルメニア高地の遺跡資料にもとづいて多角的に検証する。

研究期間 :2021年度〜2025年度
代表者 :有村 誠(東海大学 教授)
研究分担者 :千本 真生(古代オリエント博物館 研究員)
(ハ)「王国から行政州へ ―鉄器時代からペルシア時代のイスラエル北部の考古学的研究」

日本学術振興会2020年度発足 二国間交流事業 共同研究・セミナー

鉄器時代からペルシア時代のイスラエル北部における政治的変化が、在地の物質文化とセトルメント・パターンにどのように影響を与え、痕跡を残したのかという点を解明する。

研究期間 :2019年度〜2021年度
代表者 :長谷川 修一(立教大学 教授)
協力者 :津本 英利(古代オリエント博物館 主任研究員)

【継続】

(イ) 「エジプト西方デルタ コーム・アル=ディバーゥ遺跡の考古学調査」

日本学術振興会2017年度発足基盤研究(A)(海外学術)

エジプト西方デルタ一帯における衛星データ分析、地質調査、考古学調査といった複合的な調査成果をもとに、エジプト西方における初期文明からイスラーム文明へとつながる知の連続性と断層を解明する。

研究期間 :2017年度〜2021年度
代表者 :長谷川 奏(早稲田大学総合研究機構 客員上級研究員)
研究分担者 :津村 眞輝子(古代オリエント博物館 研究部長)
(ロ) 「古代エジプト都市の景観と構造」

文部科学省2018年度発足 新学術領域研究『都市の本質:古代西アジアにおける都市の起源・変容・特徴の学際 研究』計画研究3「古代エジプトにおける都市の景観と構造」

前4千年紀の先王朝時代から古代末期までの古代エジプト各地の都市の景観とその構造について、文書史料と考古資料の双方から研究し、その発生と変容について通時的・共時的に解明する。

研究期間 :2018年度〜2022年度
代表者 :近藤 二郎(早稲田大学文学学術院 教授)
研究分担者 :田澤 恵子(古代オリエント博物館 主任研究員)
(ハ) 「古代地中海世界における知の動態と文化的記憶」

日本学術振興会2018年度発足 基盤研究(A)(一般)

人類共通の文化遺産としての知的成果を築いた古代地中海世界を、個人や集団のアイデンティティに関わる「文化的記憶」をキーワードにして検証する。

研究期間 :2018年度〜2022年度
代表者 :周藤 芳幸(名古屋大学人文学研究科 教授)
研究分担者 :田澤 恵子(古代オリエント博物館 主任研究員)
(ニ) 「都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の起源・変容・特徴の学際研究」

文部科学省2018年度発足新学術領域研究(研究領域提案型)

前3千年紀からヘレニズム時代までのメソポタミアとその周辺を中心に、西アジア都市の景観と政治的・社会的・文化的機能を通時的・共時的に解明する。

研究期間 :2018年度〜2022年度
代表者 :山田 重郎(筑波大学人文社会系 教授)
研究協力者 :津本 英利(古代オリエント博物館 主任研究員)
(ホ)「地中海東岸地域における青銅器・鉄器時代移行期の再検討」

日本学術振興会2019年度発足基盤研究(B)(一般)

イスラエル国テル・レヘシュでの調査成果に基づいて、後期青銅器時代から鉄器時代への「移行期」の実態を解明し、より実証的な地域史像を提示するとともに、青銅器から鉄器への移行という人類史的な大変革に関する新たな展望を目指す。

研究期間 :2019年度〜2021年度
代表者 :桑原 久男(天理大学文学部 教授)
研究分担者 :津本 英利(古代オリエント博物館 主任研究員)
研究協力者 :岩嵜 大悟(古代オリエント博物館 共同研究員)
(ヘ)「境界域に着目した古代西アジア帝国の支配形態と構造解明を目指す歴史考古学的研究」

日本学術振興会2020年度発足 基盤研究(B)(一般)

北メソポタミアとその周辺地域を中心に、古代西アジアにおける帝国とその境界域の文化の変容を、考古学、地理学、貨幣学から探る。

研究期間 :2020年度〜2022年度
代表者 :西山 伸一(中部大学 准教授)
研究分担者 :津村 眞輝子(古代オリエント博物館 研究部長)
(ト)「なんで成羽でエジプトなん?」

公益財団法人 福武教育文化振興財団 2020年度 教育文化活動助成

プロジェクト代表者が勤務する美術館に所蔵される古代エジプト資料を用いた出張ミニ展示やワークシ ョップ開催など、地域に根差した教育普及活動を通じて古代人が遺した知の伝統を現代に伝える。

研究期間 :2021年度(2020年度より繰越)
代表者 :碇 京子(高梁市成羽美術館 教育普及員)
プロジェクトメンバー :田澤 恵子(古代オリエント博物館 主任研究員)
プロジェクトメンバー :髙見 妙(古代オリエント博物館 教育普及員)
(チ)「ヘレニズム時代のエン・ゲヴとヒッポス〜居住史に関する共同研究」

日本学術振興会2020年度発足 二国間交流事業 共同研究・セミナー

エン・ゲヴ、ヒッポスの調査の成果をもとに、鎌倉女子大学教育学部学生と協同してイスラエル古代史や考古学を学ぶための教育プログラムの開発を行う。

研究期間 :2020年度〜2022年度
代表者 :牧野 久実(鎌倉女子大学 教授)
協 力 者 :髙見 妙(古代オリエント博物館 教育普及員)
協 力 者 :江添 誠(古代オリエント博物館 共同研究員)

日本学術振興会特別研究員の受け入れ

現在、受け入れている日本学術振興会特別研究員はいません

  • 常設展 - タイムスリップ!古代オリエントの世界 ―人類文明の発祥の地、古代オリエント― 悠久の歴史のなかに生きた古代人の考古遺物や美術をとおして 豊饒のオリエント世界へようこそ!
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。
  • パルミラ遺跡写真アーカイヴ

ご案内

ご購入について

出版物のご購入について
古代オリエント博物館が発行している『ORIENTE』『古代オリエント博物館紀要』『Memoirs of the Ancient Orient Museum』のご購入を希望される方は、こちらまでご連絡いただくか、当館ミュージアムショップにてお買い求めください。