現在のページは、ホームの中の学ぶの中の催しスケジュールです。


催しスケジュール

2019年6月22日(土) 

【オリ博講演会】 古代エジプト研究最前線:ピラミッド調査の大変革

講師:河江肖剰(名古屋大学高等研究院准教授)、矢羽多万奈美(Ancient Egypt Research Associates)。この講演では、ギザの現場で働く二人の考古学者によって、基礎的な話しから最新調査に至るまで、包括的にピラミッドについて紹介します。様々な研究調査によって、神秘と謎のピラミッドのイメージは大きく変わりつつあります。

2019年6月23日(日) 

【オリ博講演会】 危機にあるシリア文化遺産の記録

講師:常木 晃(筑波大学教授)、渡部展也(中部大学准教授)。8年以上続く内戦で多くの文化遺産が被害に遭ったシリア。文化庁の委託を受けた筑波大学による記録作業のうち、今回はそのような活動の一つ、イドリブ県にある被災の激しい世界遺産(現在は世界危機遺産に指定)「北シリアの古代村落群」で行っている初期教会のデジタルデータによる記録などについて紹介します。

2019年6月28日(金) 

【ナイト講座】 家畜の乳利用と乳製品の歴史

講師:三宅 裕(筑波大学教授)。西アジアの食文化の中で、ヨーグルトやチーズなどの乳製品は大変重要な位置を占めているが、それはヤギやヒツジ、ウシがこの地で家畜化されたことと深い関係がある。家畜の乳利用がいかに画期的なものであったのか、その1万年近い歴史を振り返る。

毎週土曜日(特別展会期中・イベント開催日はお休みします) 

【15分の展示解説】 見どころトーク

当館研究員が常設展の展示資料から1つのテーマを選んで詳しく解説します。
※コレクション展開催中のみのイベントです。特別展開催中のギャラリートークは特別展のページをご覧下さい。

2019年7月26日(金) 

【ナイト講座】 シュメルのギルガメシュ神について

講師:小林登志子(日本オリエント学会会員)。『ギルガメシュ叙事詩』成立以前のギルガメシュはいくつかの短い物語の主人公として知られている。常に神であることを示す限定詞がその名前に付けられ、低い位の冥界神であったという史実を紹介する。

2019年8月3日(土) 

【子供向けギャラリーガイドツアー】 オリ博・ミステリーツアー

講師:高見妙(古代オリエント博物館教育普及員)。夏の特別展『ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち』の会場を子どもたちに探索してもらいます。事前申込制。詳細は近日告知いたします。

2019年8月10日(土) 

【オリ博講演会】 ギルガメシュ叙事詩の広がり

講師:月本昭男(古代オリエント博物館館長)、中村光男(元山陽学園大学教授)。世界最古の文学とされる「ギルガメシュ叙事詩」の概要と後世への影響、そしてヒッタイト帝国など古代オリエント世界での文学としての伝承について、お話しいただきます。事前申込制。詳細は近日告知いたします。

2019年8月13日(火) 

【おはなし工作会】 「古代オリエントの英雄のものがたり」

講師:科学読物研究会。古代オリエントの英雄ギルガメシュやヘラクレスの活躍を描いた絵本の読み聞かせを行います。 読み聞かせの後は古代オリエントの世界に親しむ科学工作にチャレンジしてもらいます。事前申込制。詳細は近日告知いたします。

2019年8月17日(土) 

【子供のオリ博体験教室】ウルク神殿のひみつ

講師:高見妙(古代オリエント博物館教育普及員)、津本英利(同・研究員)。「世界最古の都市」ウルク遺跡にあった神殿に隠されたひみつを、自主研究と製作体験で解き明かしてもらいます。事前申込制。詳細は近日告知いたします。

2019年8月23日(金) 

【ナイト講座】 メソポタミアの洪水伝説とその系譜

講師:山田重郎(筑波大学人文社会系教授) 。『ギルガメシュ叙事詩』に現れる洪水説話のほかにも、メソポタミアには大洪水に言及する複数の粘土板文書が知られている。本講座では、そうしたメソポタミアの洪水伝説の系譜をたどり、旧約聖書・創世記に記された洪水物語との関係を考察する。

2019年9月1日(日) 

【歴史食体験イベント】ギルガメシュとエンキドゥの食卓

講師:遠藤雅司(歴史料理研究家)。『歴メシ!世界の歴史料理をおいしく食べる』(柏書房)、『英雄たちの食卓』(宝島社)の著者が、ギルガメシュ当時の古代メソポタミアの料理を再現、試食していただきます。事前申込制(8月1日申込受付開始。申込先着順)。詳細は近日告知いたします。

2019年9月20日(金) 

【ナイト講座】 最古の都市ウルクの現状

講師:小泉龍人(メソポタミア考古学教育研究所代表) 。メソポタミア(現在のイラク)で世界最古の都市ウルクが誕生した。本講座では世界遺産に登録されたウルク遺跡の現状、天空の神アヌや豊饒・戦いの女神イナンナの聖域、メソポタミアにおける講師の活動等を紹介する。

  • 常設展 - タイムスリップ!古代オリエントの世界 ―人類文明の発祥の地、古代オリエント― 悠久の歴史のなかに生きた古代人の考古遺物や美術をとおして 豊饒のオリエント世界へようこそ!
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ