現在のページは、ホームの中の学ぶの中の催しスケジュールです。


催しスケジュール

2017年9月30日(土) 

【イベント】 神話を楽しむためのワークショップ「神話かるた大会」

秋の特別展「古代オリエント カミとヒトのものがたり」にちなんで、神話に登場する神様たちを、手作りのカルタで楽しく学ぶことができます。

2017年10月7日(土) 

【講演会】 古代オリエントの神話

秋の特別展「古代オリエント カミとヒトのものがたり」にちなんだ、エジプト、メソポタミア、イランの古代神話についての講演です

2017年10月13日(金) 

【ナイト講座】 比較神話学からみた日本神話

講師:平藤喜久子(國學院大学教授)。日本の神話をオリエント神話をはじめとするさまざまな地域の神話と比較しながら読み解き、共通点や相違点を比較対照させることで、日本文化、日本人、また人間に普遍的な思考や感性について考えてみたい。

2017年11月10日(金) 

【ナイト講座】 総合科学によるピラミッド研究

講師:河江肖剰(名古屋大学CHT共同研究員、米ナショナルジオグラフィック協会エクスプローラー)。ギザのピラミッドの研究は、近年、様々な方向から進められています。この講演では、これらの調査によって明らかにされつつある新しいピラミッドについて語ります。

毎週土曜日(特別展会期中・イベント開催日はお休みします) 

15分の展示解説【見どころトーク】 見どころトーク

当館研究員が常設展の展示資料から1つのテーマを選んで詳しく解説します。
※コレクション展開催中のみのイベントです。特別展開催中のギャラリートークは特別展のページをご覧下さい。

2017年12月2日(土) 

【講演会】 古代オリエントのモノがたり 11: 羊皮紙とパピルス紙 ― その歴史と製法

羊皮紙とパピルス紙の製作に詳しい講師が、歴史と製作技法について映像や実演を通して解説します。実物に触れることのできる展示の他、パピルスや羊皮紙の切れ端に葦ペンと羽ペンで筆写できる体験もできます。

2017年12月8日(金) 

【ナイト講座】 古代イラン宝蔵の山溪

古代イランへの関心は、『聖書』やギリシア古典に登場するスーサやペルセポリスなどにはじまり、また、古墓副葬「秘宝」の数々も大きな契機のひとつ。正倉院白瑠璃碗で知られる「アムラシュ秘宝」の故地を検討する。

  • 常設展 - タイムスリップ!古代オリエントの世界 ―人類文明の発祥の地、古代オリエント― 悠久の歴史のなかに生きた古代人の考古遺物や美術をとおして 豊饒のオリエント世界へようこそ!
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ