現在のページは、ホームの中の学ぶの中の催しスケジュールです。


催しスケジュール

2019年8月23日(金) 

【ナイト講座】 メソポタミアの洪水伝説とその系譜 ※定員に達しました

講師:山田重郎(筑波大学人文社会系教授) 。『ギルガメシュ叙事詩』に現れる洪水説話のほかにも、メソポタミアには大洪水に言及する複数の粘土板文書が知られている。本講座では、そうしたメソポタミアの洪水伝説の系譜をたどり、旧約聖書・創世記に記された洪水物語との関係を考察する。

2019年9月1日(日) 

【歴史食体験イベント】 ギルガメシュとエンキドゥの食卓  ※満員御礼※

講師:遠藤雅司(歴史料理研究家)。『歴メシ!世界の歴史料理をおいしく食べる』(柏書房)、『英雄たちの食卓』(宝島社)の著者が、ギルガメシュ当時の古代メソポタミアの料理(コース式で5品、および飲み物)を再現、参加者に試食していただきます。事前申込制(8月1日正午申込受付開始。申込先着順)。

2019年9月20日(金) 

【ナイト講座】 最古の都市ウルクの現状

講師:小泉龍人(メソポタミア考古学教育研究所代表) 。メソポタミア(現在のイラク)で世界最古の都市ウルクが誕生した。本講座では世界遺産に登録されたウルク遺跡の現状、天空の神アヌや豊饒・戦いの女神イナンナの聖域、メソポタミアにおける講師の活動等を紹介する。

2019年10月5日(土) 

【オリ博講演会・東京新聞フォーラム】「しきしまの大和へ」

秋の特別展『しきしまの大和へ』の開幕に合わせ、展示内容の紹介および展示基調である大和のくにづくりに外来文化が如何に関わってきたのかについて、海外事例も参照しつつ討議をおこないます。

毎週土曜日(特別展会期中・イベント開催日はお休みします) 

【15分の展示解説】 見どころトーク

当館研究員が常設展の展示資料から1つのテーマを選んで詳しく解説します。
※コレクション展開催中のみのイベントです。特別展開催中のギャラリートークは特別展のページをご覧下さい。

  • 常設展 - タイムスリップ!古代オリエントの世界 ―人類文明の発祥の地、古代オリエント― 悠久の歴史のなかに生きた古代人の考古遺物や美術をとおして 豊饒のオリエント世界へようこそ!
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ