現在のページは、ホームの中の探るの中の2018年度研究予定です。


研究予定

一般研究

(イ) 「アッカド語楔形文字資料に基づく古代メソポタミアの社会史研究」

担 当:月本 昭男(館長)

古代メソポタミアの未公刊楔形文書の解読にとりくむ他に、セム語文書資料を基礎に古代オリエントにおける社会的弱者(寡婦、孤児、寄留者など)の保護の実態の解明を目指す。

(ロ) 「西アジア・中央アジアの考古美術の東西交流」

担 当:津村 眞輝子(研究部長)

様々な民族が支配した西アジア、中央アジアにおいて、それぞれの制度や文化がどのように共存・継承されたのかを、ヘレニズム期から初期イスラーム時代(前4〜後8世紀)の出土資料をもとに考察する。

(ハ) 「西アジア考古資料による生産技術と交流の研究」

担 当:津本 英利(主任研究員)

紀元前1200年頃に起こった、青銅器から鉄器への移行という人類史上の画期的な技術的進歩について、発掘調査で出土した考古資料に基づいてその歴史的・社会・技術的背景を考察する。

(ニ) 「古代エジプト人の宗教生活に関する比較宗教学的研究」

担 当:田澤 恵子(主任研究員)

考古資料・文献資料の双方を用いて、古代エジプト人が礼拝した神々と神話、及びその宗教形態について周辺地域との比較研究をおこない、古代エジプト人の神観念の特異性と普遍性について検証する。

(ホ) 「西アジア先史時代の社会変革期における物質文化の研究」

担 当:下釜 和也(研究員)

旧石器時代から新石器時代、銅石器時代、青銅器時代にかけて考古学上の社会変動期、あるいは過渡期と捉えられる時期に、物質文化がどう関わっていたのかを通時的に比較検証する。

(ヘ) 「西アジアとバルカン半島における青銅器時代文化の比較研究」

担 当:千本 真生(共同研究員)

青銅器時代の西アジアとバルカン半島の物質文化を比較することにより、西アジア都市文明による半島への影響について研究を行い、半島の青銅器時代文化の特質と地域性について考察する。

特別(共同)研究

1. 古代オリエント博物館研究員が代表者として実施する研究

【新規】

(イ)「古代西アジア青銅器時代のモニュメント形成に関する考古学的研究」

平成30年度 公益信託 大畠記念宗教史学研究助成基金

古代西アジアの青銅器時代を対象として、モニュメントと青銅器時代社会の相関関係を見直し、モニュメントの宗教史的意味を考古学的に再考することを目的とする。

研究期間 :2018年度
代表者 :下釜 和也(古代オリエント博物館 研究員)

【継続】

(イ) 「土器生産からみた北メソポタミア青銅器時代過渡期の考古学的研究」

 日本学術振興会2016年度発足若手研究(B)

国内にあるシリアの考古資料を基礎にして物質文化の技術的変化を追うことで、北メソポタミアにおける青銅器時代過渡期の土器生産体制の実態を究明することを目的とする。

研究期間 :2016年度~2018年度
代表者 :下釜 和也(古代オリエント博物館 研究員)
(ロ) 「青銅器時代バルカン半島における土器の生産と流通・移動:「都市化」の問題に関連して」

 日本学術振興会2016年度発足若手研究(B)

ブルガリア南部の前期青銅器時代集落における土器の生産体制と流通・移動の実態を通時的に明らかにし、その変遷の背景としてのエーゲ、アナトリア都市社会との相互交流について実証的に論じる。

研究期間 :2016年度~2018年度
代表者 :千本 真生(古代オリエント博物館 共同研究員)

2. 他の研究機関が実施する研究に参加するもの

【新規】

(イ)「古代エジプト都市の景観と構造」

文部科学省2018年度発足 新学術領域研究『都市の本質:古代西アジアにおける都市の起源・変容・特徴の学際 研究』計画研究

前4千年紀の先王朝時代から古代末期までの古代エジプト各地の都市の景観とその構造について、文書史料と考古資料の双方から研究し、その発生と変容について通時的・共時的に解明する。

研究期間 :2018年度〜2022年度
代表者 :近藤 二郎(早稲田大学文学学術院 教授)
研究分担者 :田澤 恵子(古代オリエント博物館 主任研究員)
(ロ) 「古代地中海世界における知の動態と文化的記憶」

日本学術振興会2018年度発足基盤研究(A)(一般)

人類共通の文化遺産としての知的成果を築いた古代地中海世界を、個人や集団のアイデンティティに関わる「文化的記憶」をキーワードにして検証する。

研究期間 :2018年度〜2022年度
代表者 :周藤 芳幸(名古屋大学人文学研究科 教授)
研究分担者 :田澤 恵子(古代オリエント博物館 主任研究員)
(ハ) 「古代メソポタミア北部における歴史時代の物質文化の研究-日本隊の発掘資料を中心に-」

日本学術振興会2017年度発足基盤研究(B)(一般)

メソポタミア北部において我が国の調査団が発掘してきた豊富な考古資料を包括的に研究し、前2〜1千年紀における同地域の文化編年の確立を目指す。

研究期間 :2018年度〜2022年度
代表者 :沼本 宏俊(国士舘大学体育学部 教授)
研究分担者 :下釜 和也(古代オリエント博物館 研究員)

【継続】

(イ)「古代西アジアにおける宗教と福祉の相互関係をめぐる綜合的実証研究」

日本学術振興会2017年度発足基盤研究(B)(一般)

人類は古来、社会的弱者の保護を様々な形で実践してきた。本研究は考古および文献資料に基づき、古代西アジアにおける社会的弱者保護の実態を宗教との関わりで解明する事を目指す。

研究期間 :2017年度〜2019年度
代表者 :月本 昭男(上智大学神学部 特任教授・古代オリエント博物館 館長)
研究分担者 :津本 英利(古代オリエント博物館 主任研究員)
研究分担者 :田澤 恵子(古代オリエント博物館 主任研究員)
研究分担者 :下釜 和也(古代オリエント博物館 研究員)
(ロ) 「エジプト西方デルタ コーム・アル=ディバーゥ遺跡の考古学調査」

日本学術振興会2017年度発足基盤研究(A)(海外学術)

エジプト西方デルタ一帯における衛星データ分析、地質調査、考古学調査といった複合的な調査成果をもとに、エジプト西方における初期文明からイスラーム文明へとつながる知の連続性と断層を解明する。

研究期間 :2017年度〜2021年度
代表者 :長谷川 奏(早稲田大学総合研究機構 客員上級研究員)
研究分担者 :津村 眞輝子(古代オリエント博物館 研究部長)
(ハ) 「文献史学・考古学の総合による古代西アジア『帝国』行政州支配についての歴史研究」

日本学術振興会2017年度発足基盤研究(B)(一般)

文献史料・考古資料の双方の分析結果を相互補完的に用いて、紀元前 7~5 世紀におけるアッシリア・バビロニア・アカイメネス朝ペルシアという三帝国による行政州支配の実態を明らかにする。

研究期間 :2017年度〜2020年度
代表者 :長谷川 修一(立教大学文学部 准教授)
研究分担者 :津本 英利(古代オリエント博物館 主任研究員)
(ニ) 「文献学・考古学の協働による紀元前18〜8世紀の上メソポタミアの歴史研究」

日本学術振興会2016年度発足基盤研究(A)(一般)

サムシ・アッドゥによる政治的統一後から新アッシリアの行政組織統合までの上メソポタミアを対象とし、文書資料と考古資料の複合研究を通じて当該地域の歴史的・文化的諸相の解明を目的とする。

研究期間 :2016年度~2020年度
代表者 :山田 重郎(筑波大学人文社会学研究科 教授)
研究分担者 :下釜 和也(古代オリエント博物館 研究員)

日本学術振興会特別研究員の受け入れ

現在、受け入れている日本学術振興会特別研究員はいません

  • 常設展 - タイムスリップ!古代オリエントの世界 ―人類文明の発祥の地、古代オリエント― 悠久の歴史のなかに生きた古代人の考古遺物や美術をとおして 豊饒のオリエント世界へようこそ!
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

ご購入について

出版物のご購入について
古代オリエント博物館が発行している『ORIENTE』『古代オリエント博物館紀要』『Memoirs of the Ancient Orient Museum』のご購入を希望される方は、こちらまでご連絡いただくか、当館ミュージアムショップにてお買い求めください。