現在のページは、ホームの中の探るです。


探る

文明発祥の地を探る - 考古学、美術史、文献史学、博物館学の観点からより深く古代オリエントを探る当館の調査・研究についてご紹介します。

刊行物一覧

  • ORIENTE

    当館の展示情報や講演録、古代オリエントに関するエッセイなどを盛り込んだ年2回刊行の情報誌です。

  • 古代オリエント博物館紀要

    古代オリエントの考古と美術、歴史・文化に関する論文や、当館収蔵品の研究結果を掲載する学術雑誌です。

  • Memoirs of the Ancient Orient Museum

    当館がこれまでに行ってきた海外学術調査の成果を世界にむけて発信する専門的な英文報告書です。

研究活動

古代オリエント博物館は文明発祥の地といわれる西アジア・エジプト地域の古代文明を紹介する目的で、1978年、我が国最初の古代オリエント地域専門の博物館として開館しました。開館以来、オリエント地域での海外学術調査を実施し、みずから発掘した考古美術資料で研究活動をおこなってきました。また、収蔵資料の調査・研究、他の研究機関や大学が実施する発掘調査等への参加なども積極的におこなっています。

本年度の研究予定はこちら

研究分野

古代オリエントに関する考古学、美術史、文献史学、博物館学等の研究

  1. シリア・アラブ共和国、ユーフラテス河流域の発掘調査(1978年〜1980年)
  2. シリア・アラブ共和国、テル・マストゥーマ遺跡の発掘調査(1980年〜1995年)
  3. パルミラ彫刻資料集成調査(1984年)
  4. コンマゲーネ王国彫刻資料調査(1986年〜1987年)
  5. ウズベキスタン共和国南部、ダルベルジン・テパの発掘調査(1995年〜2001年)

研究員と専門分野

津村眞輝子 「西アジア・中央アジアの考古美術における東西交流」
津本英利 「西アジア考古資料による生産技術と交流の研究」
石田恵子 「ユーフラテス河中流域の青銅器〜鉄器時代文化の再構築」
宮下佐江子 「パルミラ墓室彫刻の分析」
田澤恵子 「古代エジプトと異郷の神々」
下釜和也 「西アジア先史時代の社会変革期における物質文化の研究」

上記のほか共同研究員が所属している。

  • 常設展 - タイムスリップ!古代オリエントの世界 ―人類文明の発祥の地、古代オリエント― 悠久の歴史のなかに生きた古代人の考古遺物や美術をとおして 豊饒のオリエント世界へようこそ!
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

ご購入について

出版物のご購入について
古代オリエント博物館が発行している『ORIENTE』『古代オリエント博物館紀要』『Memoirs of the Ancient Orient Museum』のご購入を希望される方は、こちらまでご連絡いただくか、当館ミュージアムショップにてお買い求めください。