現在のページは、ホームの中の観るの中の【クローズアップ展示】「危機にあるシリア文化遺産の記録」です。


【クローズアップ展示】「危機にあるシリア文化遺産の記録」

2019年6月8日(土)~2019年6月30日(日) 【クローズアップ展示】 危機にあるシリア文化遺産の記録

8年以上続く内戦によって多くの文化遺産が破壊、盗掘、略奪などの被害にあったシリアにおいて、内戦前まで長期にわたって同地で考古学調査を継続してきた筑波大学が文化庁文化遺産保護国際貢献事業の委託を受けて実施したシリア文化遺産の記録事業や文化遺産の重要性に関する啓蒙活動について紹介し、その成果を広く公開します。主に「北シリアの古代村落群」(世界危機遺産指定)でおこなっているデジタルデータ収集とそれに基づいた3Dイメージ制作について報告します。併せて、アレッポ、パルミラ、イドリブ博物館などの被災映像や写真を通じて、シリア国内の被災状況や文化遺産の保護に懸命に取り組む人々の姿も紹介します。

会期 2019年6月8日(土)~2019年6月30日(日)
 ※休館日なし
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料 一般 600円、大高生 500円、中小生 200円
(20名以上の団体割引、障害者割引あり)


※ 入場料は常設展(コレクション展)と共通です。
関連イベント ★「関連イベント」の申込方法など詳しくは、それぞれのイベントの「※くわしくはこちら」をクリックしてください。

【オリ博講演会】「危機にあるシリア文化遺産の記録」
6月23日(日)13:00-15:00
[申込不要、定員130名、参加費:500円(友の会会員は無料)]
※くわしくはこちら


  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ