現在のページは、ホームの中の観るの中の【クローズアップ展示】「粘土板と印章―紀元前13世紀ユーフラテス川沿いのエマル市」です。


【クローズアップ展示】「粘土板と印章―紀元前13世紀ユーフラテス川沿いのエマル市」

2017年 4月 1日(土)~ 5月 28日(日) 【クローズアップ展示】粘土板と印章―紀元前13世紀ユーフラテス川沿いのエマル市

 現在のシリア北部、ユーフラテス川中流域のメスケネの近くに古代都市遺跡エマルがあります。都市国家エマルは前13世紀に栄えました。エマル市が当時のヒッタイト帝国に支配されていたことは、遺跡から出土したカルケミシュ王銘のある印章が捺された文書から知ることができます。
 今回は平山郁夫シルクロード美術館蔵の貴重な粘土板文書を紹介します。当時の証人達が捺した印影から得られた知見を初めて公開するものです。今から3千年前、すでにハンコを用いた契約習慣が発達していたことに驚かれることでしょう。

会期 2017年4月1日(土)~5月28日(日)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料 一般 600円、大高生 500円、中小生 200円
(20名以上の団体割引、障害者割引あり)
(小・中・高校生は土・日曜日は無料)
※ 入場料は常設展と共通となっております。
展示品 粘土板文書、解説パネル
協力 平山郁夫シルクロード美術館

”学ぶ”関連イベント

古代文字スタンプで遊ぶ

楔形文字、ヒッタイト象形文字の2種のスタンプで遊べます

日時

会期中随時 10:00〜16:30

会場 博物館入口ロビー

講演会「エマル文書と捺印」

日時 2017年 4月 22日(土) 14:30 ~ 16:50
講演会場 池袋サンシャインシティ・ワールドインポートマート5階 コンファレンスルームRoom14
講師 月本 昭男(古代オリエント博物館 館長)
石田 恵子(古代オリエント博物館 研究員)

ワークショップ「粘土板に印章を捺し、楔形文字を刻んで文書を作ろう!」

日時 2017年 4月 29日(土・祝) 13:30 ~ 15:00(自由解散)
講演会場 池袋サンシャインシティ文化会館7階会議室710室
講師 渡井 葉子(筑波大学・日本学術振興会特別研究員PD)
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ