現在のページは、ホームの中の観るの中の【クローズアップ展】危機に立つイラクの文化遺産です。


【クローズアップ展】 危機に立つイラクの文化遺産

2016年6月11日(土)~7月18日(月・祝) 【クローズアップ展】 危機に立つイラクの文化遺産

  過激派組織自称イスラム国(IS)により昨年破壊された、古代メソポタミアの代表的な遺跡であるニムルド、ニネヴェ、ハトラを、写真パネルでご紹介いたします。古代からの文化遺産が被った受難を、現代に生きる我々は明確に記憶しておくべきでしょう。
 なお本展示につきまして、国士舘大学の全面的な協力に感謝いたします。

会場 池袋サンシャインシティ文化会館7階 古代オリエント博物館
会期 6月11日(土)〜7月18日(月・祝)
(※コレクション展に併設)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 会期中無休
入館料 一般 600円、大高生 500円、中小生 200円 (コレクション展に含まれています)
(20名以上の団体は各100円引き。障がい者手帳をお持ちの方は半額、介護者1名まで無料)
主催 古代オリエント博物館
協力 国士舘大学イラク古代文化研究所
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
【直近の休館予定日】
7/19(火)-7/22(金)
展示替え休館