現在のページは、ホームの中の観るの中の【秋の特別展】ギリシア考古学の父シュリーマン:初公開!ティリンス遺跡原画の全貌です。


【秋の特別展】天理大学創立90周年記念巡回展
ギリシア考古学の父シュリーマン:初公開!ティリンス遺跡原画の全貌

2015年9月19日(土)~11月8日(日) 【秋の特別展・天理大学創立90周年記念巡回展】 ギリシア考古学の父シュリーマン 初公開!ティリンス遺跡原画の全貌

 ドイツ人ハインリヒ・シュリーマン(1822〜90年)は、実業家として成功した後、子供の頃からの夢だった考古学者に転じて、私財を投じて伝説の都市トロイアを追い求めた、立志伝中の人物として知られています。シュリーマンがその晩年に発掘したのが、ギリシアのティリンス遺跡です。ミケーネ文明(紀元前16〜13世紀)の代表的な遺跡であるティリンスは、ユネスコ世界遺産にも指定されています。シュリーマンがティリンス遺跡の発掘報告書を刊行したのは、今年からちょうど130年前の1885年でした。その報告書用の原図が天理大学附属天理参考館に所蔵されていることが、入念な調査ののち2014年に発表されました。

 この展覧会では、シュリーマンの直筆が残るこれら28枚の原画を東日本で初公開します。あわせて、シュリーマンが情熱を傾けた古代ギリシアやエジプトの古代美術品、そしてシュリーマンの時代に急速に進歩した考古学の報告書、シュリーマンも訪れた江戸時代の日本を紹介する書物などを展示し、黎明期の考古学研究や東洋学研究についても紹介します。

会場 池袋サンシャインシティ文化会館7階 古代オリエント博物館
 ※常設展示は見られません
会期 9月19日(土)〜11月8日(日)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 会期中無休
入館料 一般 1000円、大高生 700円、中小生 500円
(20名以上の団体は各100円引き。障がい者手帳をお持ちの方は半額、介護者1名まで無料)
主催 古代オリエント博物館・天理大学・天理大学附属天理参考館
特別協力 サンシャインシティ
後援 豊島区、豊島区教育委員会、駐日ギリシャ大使館、ドイツ連邦共和国大使館

見どころ
シュリーマンの直筆が残る、ティリンス遺跡(ギリシア・ユネスコ世界遺産)の報告書原画28枚を東日本で初公開

・9/19、10/3、10/24、11/1、11/8の5日限定で、1874年3月14日付シュリーマン直筆書簡(天理図書館蔵、実物)を特別展示

・天理参考館が所蔵するギリシアおよびエジプトの古代遺物の多くを展示

・天理図書館所蔵の考古学や東洋学に関する貴重な初版本(ナポレオン『エジプト誌』、シーボルト『日本』など)を多数展示

・東京会場のみでの展示資料もあります。

”学ぶ”関連イベント

試着体験 「英雄ヘラクレスやアキレウス、古代ギリシア人に変身!」

古代ギリシアの英雄や女性たちの衣装を試着して、古代ギリシア人気分にひたったり、ケータイで記念撮影しよう!

           

     気分は古代ギリシアの世界!

日時

会期中随時

会場 古代オリエント博物館 展示会場内

講演会 「シュリーマンとギリシア先史考古学の誕生」

生前から議論が多ったシュリーマンの業績に対する、今日的な学問上の位置づけとその意義を問います

日時 2015年10月3日(土) 13:30~15:00
事前申込不要
会場 サンシャインシティ文化会館7階会議室 710室
講師 周藤 芳幸(名古屋大学教授)
参加費 参加費500円(友の会会員は無料)

陶芸体験 「古代人のように土偶をつくろう!」

古代ギリシア人のような豊かな表現力で、粘土で自由に土偶をつくってみましょう!完成した作品は焼成して3週間後にお渡しします。

日時 2015年11月1日(日) 13:30~15:00
事前申込制(詳しくはリンク先をご覧下さい) 
会場 サンシャインシティ文化会館7階会議室 710室
講師 馬場咲夫(深大寺陶芸教室)
参加費 参加費 1000円(材料費・焼成燃料費込、送料別)

ギャラリートーク

担当研究員が本展の見どころについて展示を前にお話しします。

日時 2015年10月11日(日)および31日(土) 14:00〜 30分程度

会場 展示室内
講師 津本英利(古代オリエント博物館 研究員)
参加費 無料・事前申込不要(入館料別)
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
【直近の休館予定日】
11/9(月)-11/13(金)
展示替え休館