現在のページは、ホームの中の観るの中の【クローズアップ展示】カラーで甦る古代遺跡の写真です。


【クローズアップ展示】カラーで甦る古代遺跡の写真

2015年 5月 30日(土)~ 7月 5日(日) 【クローズアップ展示】 最新のデジタイズ・ワークフローによる写真の再現 カラーで甦る古代遺跡の写真 ―写真家三枝朝四郎が捉えた60年前の中近東―

カラー写真は20世紀前半にドイツやアメリカで開発され、20世紀半ば頃から普及し始めました。時の経過により退色した古いカラー写真は本来の色を推測して調色し、当時の色を復元するのが従来の方法でした。この度、株式会社アイワードは北海道大学との産学共同研究により、古いカラー写真に残されている画像情報から科学的に色を復原する手法(デジタイズ・ワークフロー)を開発しました。

 今回はこの技術を用いて、半世紀前に撮影されたカラーポジフィルムを復元しました。写真は写真家三枝朝四郎氏(故人)が東京大学イラクイラン調査団に随行した1956-58年に撮影したものです。西アジアの遺跡写真など10数点のかつての色彩を目の当たりにしていただきます。復元手法は映像でご紹介します。

予告動画はこちら(外部サイトYoutubeにリンクします)

会期 2015年5月30日(土)~7月5日(日)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料 一般 600円、大高生 500円、中小生 200円
(20名以上の団体割引、障がい者割引あり)
(小・中・高校生は土・日曜日は無料)
入場料は常設展と共通となっております。
展示協力 株式会社アイワード
写真提供 東京大学総合研究博物館

ペルセポリス遺跡、イラン1956-9年

トロイ遺跡、トルコ 1956-7年撮影

  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ