現在のページは、ホームの中の観るの中の【初夏のクローズアップ展】遊牧の民ベドウィンです。


【初夏のクローズアップ展】遊牧の民ベドウィン

2009年5月16日(土)~7月26日(日) 【初夏のクローズアップ展】 遊牧の民ベドウィン ―シリア沙漠に生きて―吉竹めぐみ写真展

厳しい自然のなかでたくましく生きるシリア沙漠の遊牧民。その一家族に密着し、ともに生活しながらその生活を撮影し続ける写真家吉竹めぐみ氏の写真展。

写真家より

15歳の時に出会ったT・E・ロレンス(通称アラビアのロレンス)に心を奪われた。 同時に、沙漠に憧れアラブ世界に魅せられた。

1987年に初めてシリアを訪れ、95からは毎年シリア沙漠でベドウィンの一家と共に暮らしている。ベドウィンとの14年に及ぶ撮影は日本人唯一であり、世界的にも稀である。

『ベドウィン』(アラビア語で「バーディーヤ(荒地)に住む人達」の意味)は一般的にはアラブ系遊牧民を指す。多くがアラビア語を母語とし、イスラム教徒である。

羊・ヤギ・ラクダなどの家畜を飼育しながら遊牧生活をしており、父系の血縁関係を重視する部族主義である。

「沙漠は日本にあるのか?」とよく聞かれた。
「ない」と答えると「それは良くない。沙漠は清潔で、ここにはすべてがある。」と誇らしげに言い切る。

彼らは決して沙漠を出ようとしない。
町での便利な生活を手に入れる事も出来るのに、沙漠にこだわり、沙漠を愛する。

私達はお金と便利な物達を手に入れ、繁栄の坂を登り続けているのに、物に縛られ、物に使われている。彼らにとって生活の豊かさの基準が違うのだ。豊かさは物ではなく心の中にあると思う。

吉竹めぐみプロフィール

写真家

1965年東京生まれ 東京写真専門学校報道科卒業
講談社「現代」編集部を経てフリーランスへ 1987年から中東の撮影を始める

(社)日本写真家協会(JPS)会員/シリア写真家協会名誉会員
日本外国特派員協会(FCCJ)会員

1995年 写真展「ベドウィン」をミノルタフォトスペース東京・大阪にて開催
2008年 写真展「BEDOUIN」を日本外国特派員協会にて開催

http://homepage3.nifty.com/yagitani/megumi_ja01.htm

※2009年5月16日(土)〜7月26日(日)は上記写真展と常設展をご覧いただけます。

  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
【直近の休館予定日】
7/16(火)-7/26(金)
9/24(火)-10/4(金)