現在のページは、ホームの中の観るの中の【春の特別展】平山郁夫とシルクロードのガラス展です。


【春の特別展】平山郁夫とシルクロードのガラス展

2008年3月15日(土)~2008年5月11日(日) 【春の特別展】 平山郁夫とシルクロードのガラス展

古代オリエント博物館開館30周年の記念として、設立当初からの理事である平山郁夫氏の 平山郁夫シルクロード美術館の蔵品によって「シルクロードのガラス」をご紹介いたします。

人類にとってのガラスは、その自由な造形や美しい色彩、輝き、透明感などで、時代や地域を問わず人々を魅了してきました。ガラスはラピスラズリやトルコ石などの貴石の代用品として利用され始め、香油入れや酒器として珍重されました。

ガラスはその美しさと運びやすさから高価な交易品となり、シルクロードの東西を行き交い、中国、そして日本の正倉院にまで運ばれています。そのガラスの歴史を古代ガラスからローマ時代やイスラム時代にまでわたって、技法から用途、製品の流通までさまざまなエピソードを交えてご紹介いたします。

主な展示品 【平山郁夫シルクロード美術館蔵品 約250点】
古代メソポタミアのガラス首飾り、コアガラス瓶、イランの花文装飾碗、カットガラス碗、ローマ時代の鋳造ガラス碗、モザイクガラス杯、吹きガラス瓶、ガラスの首飾り、装身具、中国のガラス玉 他
特別出品 平山郁夫画伯の素描画11点
主催 古代オリエント博物館
後援 豊島区 豊島区教育委員会
協賛 オリエントコーポレーション、サンシャインシティ
協力 平山郁夫シルクロード美術館
開催期間 2008年3月15日(土)~2008年5月11日(日)会期中無休
開館時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
入館料 一般800円 大・高生500円 中・小学生300円
20名以上の団体は各100円割引、身障者割引あり

展覧会にちなんでガラスについてのシンポジウムがあります。
5月10日(土)

シンポジウムの詳細はこちら

  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
【直近の休館予定日】
7/16(火)-7/26(金)
9/24(火)-10/4(金)