現在のページは、ホームの中の学ぶの中の友の会ナイト講座です。


ナイト講座

ナイト講座

ナイト講座は月に一度、原則として金曜の夜に開催される講座です。
各回1時間程度です。お仕事帰りの教養講座にいかがでしょうか。
また、ナイト講座のある日は、博物館の開館時間を、20時まで延長しています。
講座が始まる前に、博物館を見学することができますので、この機会をぜひご利用ください。

当日の受講ハガキまたは整理番号札を受付でご呈示いただくと、博物館の入館料が半額になります。

■ナイト講座申込制導入について            

  2018年度から、事前申込制(定員150名、立見はなし)を導入し、本当に聴きたい方が快適に講座をたのしんでもらえる場にしたいと思っております。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

■博物館のナイト開館(開館時間延長)

ナイト講座のある日は、博物館の開館時間を、20時まで延長 (入館は19:30まで)しています。
昼間お忙しい方は、ゆっくりとご覧いただけますので、ぜひご利用ください。特に豊島区近辺でお住まい・お勤めの方にお越しいただければと思います。
通常の博物館の開館時間はこちら


▶2019年度中のナイト開館実施予定日:11月22日、12月20日、1月24日、2月28日、3月27日 ※予定は変更される事もあります。近くになりましたら、ウェブページにてご確認ください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

■2019年11月22日(金)

題目:「「クレオパトラ」の考古学」
講師:長谷川 奏(早稲田大学総合研究機構客員教授)
場所:受講証ハガキに明記します。
参加費:500円 (友の会会員は無料)

クレオパトラの生涯は、地中海とインド洋を結ぶ大きな経済圏の中心地で演じられ、エジプト古来の知の伝統が地中海世界の理論知・実践知におき替わる狭間での劇的な生涯であったことを、考古学の視点から考えてみる。

 
アレクサンドリア湾の景観
写真提供 講師

11月ナイト講座へのお申し込みは締め切りました

----------------------------------------------------------------------------------------------

■2019年12月20日(金)

題目:「祈りの聖地・エルサレムの魅力」
講師:市川 裕(東京大学文学部名誉教授)
場所:受講証ハガキに明記します。
参加費:500円 (友の会会員は無料)

エルサレムの最大の魅力は、3つの一神教の聖地が共存するのはここだけという点にある。歴史的な重層性は、旧約聖書の神殿儀礼に始まって、新約聖書、中世イスラム教、近現代の西欧キリスト教の進出まで及ぶ。3000年の歴史の魅力を五感で感じ取ろう。

 
ユダヤ教徒の祈り
写真提供 講師

12月ナイト講座への申込は11月15日(金)正午開始です

------------------------------------------------------------------------------------------------

■2020年1月24日(金)

題目:「ペルシア陶器の魅力」
講師:岡野 智彦(青山学院大学 非常勤講師)
場所:受講証ハガキに明記します。
参加費:500円 (友の会会員は無料)

イスラーム時代のイランは、中国や日本と同様に世界有数の陶磁器生産地だった。実用品であるペルシア陶器は、地域や時代により好みの違いを反映している。本講座ではペルシア陶器の特徴と魅力について紹介する。

 
左:ラスター彩陶器破片 13世紀 イラン
右:ミナイ手陶器破片 12-13世紀 イラン
(2点とも青山学院大学蔵)
写真提供 講師

2020年1月ナイト講座への申込は2019年12月20日(金)正午開始予定。 申込ページは直前に開通します。

------------------------------------------------------------------------------------------------

■2020年2月28日(金)

題目:「ヒッタイトの印章 –大王から庶民まで」
講師:吉田 大輔(アナトリア考古学研究所研究員)
場所:受講証ハガキに明記します。
参加費:500円 (友の会会員は無料)

前2千年紀ヒッタイト王国時代のアナトリア(小アジア)は、現在の日本に匹敵するほどの「ハンコ社会」であった。上は大王から庶民に至るまで、様々な階層に渡って印章が使用された。ここではその多様で、変化に富む古代アナトリアの印章の世界を一瞥する。

 
ヒッタイト王ムルシリIII世の王印(印影)
写真 「トルコ三大文明展(NHK、2003)No. 78」

2月ナイト講座への申込は1月24日(金)正午開始予定。申込ページは直前に開通します。

------------------------------------------------------------------------------------------------

■2020年3月27日(金)

題目:「製鉄はいつ始まったのか」
講師:大村 幸弘
((公財)中近東文化センター附属アナトリア考古学研究所 所長)
場所:受講証ハガキに明記します。
参加費:500円 (友の会会員は無料)

前2千年紀後半、「鉄と軽戦車」を駆使しながら、古代中近東世界の一翼を担っていたヒッタイト帝国。その帝国が「秘密裡」に死守したという製鉄技術。本講座では、この技術がいつ頃から始まったかを論じたい。

 



←カマン・カレホユック遺跡(北区)

写真提供 講師

3月ナイト講座への申込は2月28日(金)正午開始予定。申込ページは直前に開通します。

日  時 原則として毎月一回、金曜日 19:00~20:00   
参 加 費 500円 (友の会会員は無料)
友の会会員でない方でも、どなたでもご参加いただけます。

申込方法

各回、事前申込制

▶申込方法 詳しくはこちら
▶注意事項(よくある質問)はこちら

必ず、上記「申込方法」「注意事項」をお読みいただいた上でお申し込みください。
各回毎にお申し込みのご案内があります。上記各回の詳細の下のリンクからご覧ください。

場  所 講義の場所は、回ごとに異なりますのでご注意ください。

文化会館7階会議室=池袋サンシャインシティ文化会館7階会議室 

※博物館と同じ文化会館7階ですが、エレベーターをはさんで反対側になります。
エレベーターを降りて右側にお進みください。


文化会館5階会議室=池袋サンシャインシティ文化会館5階会議室 

※博物館と同じ文化会館ですが、エレベーターを5階で降りてください。


コンファレンスルーム=ワールドインポートマートビル5階コンファレンスルーム(会議室

※ワールドインポートマートビルは、古代オリエント博物館があるビル(文化会館)の隣のビル(1階、地階などでつながっている)です。

サンシャインシティ・コンファレンスルームへの行き方

※古代オリエント博物館なら行き慣れているという方は、博物館に行く文化会館の「上りエレベーター」を4階で降りても行くことができます。

エレベーターで4階(5階ではありません!)で降り、「連絡通路」を渡るとワールドインポートマートビル5階に着きます。

文化会館からコンファレンスルームへの行き方


  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ