現在のページは、ホームの中の学ぶの中の【オリ博講演会】「タジキスタンにおける最近の発掘調査ー新発見の青銅器時代遺跡を中心としてー」です。


【オリ博講演会】「タジキスタンにおける最近の発掘調査ー新発見の青銅器時代遺跡を中心としてー」

2019年 1月 26日(土) 【オリ博講演会】 タジキスタンにおける最近の発掘調査 ー新発見の青銅器時代遺跡を中心としてー

 タジキスタンは国土の大半が山岳地帯で占められていますが、鉱物資源交易で発展した原始都市遺跡、アレクサンダー東征の東限を示す城塞、シルクロード交易で重要な役割を果たしたソグド人都市、インドから中央アジアを経由した仏教東漸の痕跡など、世界史上重要な遺跡が数多く存在しています。今回、タジキスタン国立古代博物館館長のサイドムロド・ボボムロエフ氏をお招きし、氏が発掘調査を進める新発見の青銅器時代遺跡を中心としてお話しいただきます。

  なお、本講演会は平成30年度文化遺産保護国際貢献事業(専門家交流)「ウズベキスタン共和国等中央アジア諸国における文化遺産保護国際貢献事業」の一環です。

日時 2019年 1月 26日(土) 17:00~18:30
事前申込不要。会場へ直接お越し下さい。
ふだんの講演会と開催時間が大きく異なりますので、ご注意ください。
場所 池袋サンシャインシティ 文化会館7階 会議室710
講師 サイドムロド・ボボムロエフ(Saidmurod Bobomulloev)氏
(タジキスタン国立古代博物館・館長)
使用言語 ロシア語/タジク語(逐次通訳あり)
参加費 参加無料
主催 文化庁、東京藝術大学
共催 古代オリエント博物館
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ