現在のページは、ホームの中の学ぶの中の講演会】古代オリエントのモノがたり11:羊皮紙とパピルス紙 ― その歴史と製法です。


【講演会】羊皮紙とパピルス紙―その歴史と製法

2017年 12月 2日(土) 【講演会】 古代オリエントのモノがたり11:羊皮紙とパピルス紙 ― その歴史と製法

 紙が登場する以前、情報・知識伝達の手段(書写材)として最も重要だった羊皮紙とパピルス紙。その製作に詳しい講師が、歴史と製作技法について映像や実演を通して解説します。
 実物に触れることのできる展示の他、パピルスや羊皮紙の切れ端に葦ペンと羽ペンで筆写できる体験もできます。

日時

2017年 12月 2日(土) 13:30~15:00

場所 サンシャインシティ文化会館7階会議室704・705室

※博物館と同じ文化会館7階ですが、エレベーターをはさんで反対側になります。 エレベーターを降りて右側にお進みください。
講師 八木 健治( 「羊皮紙工房」主宰)
定員 事前申込不要。当日直接会場にお越しください。
参加費 500円。但し、博物館友の会会員は無料。
       
                   

パピルス紙製作の様子(Ⓒ羊皮紙工房)

                 

羊皮紙製作の様子(Ⓒ羊皮紙工房)

       
                   

古代紙の書き心地は?(Ⓒ羊皮紙工房)

                 

羊皮紙とパピルス(Ⓒ羊皮紙工房)

  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ