現在のページは、ホームの中の学ぶの中の【講演会】「バビロニアの新年祭」です。


【講演会】「バビロニアの新年祭」

2017年 1月 14日(土) 【講演会】 バビロニアの新年祭

 かつて柳田国男は新年に門松を立てる習慣の背後に日本の固有信仰を見て取りましたが、古今東西、人類は新年を祝う行事を行ってきました。

 古代オリエントでも例外ではありません。楔形文字資料には「バビロニアの新年祭」を記した文書が知られています。それによれば、新年祭において、なんと、王の髭が抜かれるというのです。

 この講演では、そのようなバビロニアの新年祭を紹介しつつ、人類が新年を祝う意味を考えてみたいと思います。

日時 2017年 1月 14日(土) 13:30~15:00
事前申込不要。直接会場へお越し下さい
場所 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル5階 コンファレンスルーム Room 15
サンシャインシティ・コンファレンスルームへの行き方
講師 月本 昭男(古代オリエント博物館 館長・上智大学 特任教授)
参加費 参加費500円(友の会会員は無料)
  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ