現在のページは、ホームの中の学ぶの中の【友の会講演会】「ズボリャノヴォ(ブルガリア)における考古学の新発見 ー黄金のトラキア文明を掘るー」です。


【友の会講演会】「ズボリャノヴォ(ブルガリア)における考古学の新発見 ー黄金のトラキア文明を掘るー」

      

2015年6月21日(日) 【友の会講演会】 ズボリャノヴォ(ブルガリア)における考古学の新発見 ー黄金のトラキア文明を掘るー

 ユネスコ世界遺産に登録されているスヴェシュタリ古墳を含む、ブルガリア北部にあるズボリャノヴォ地区の古墳群は、紀元前4〜3世紀の騎馬民族トラキア人の古墳です。古代ギリシアの歴史家ヘロドトスをして「インド人についで世界最大の民族」といわしめたトラキア人は、その富強と独自の習俗で知られていました。ズボリャノヴォの古墳群はそのトラキア人のうち、霊魂の不滅という独自の信仰をもっていたというゲタイ族が残したものです。
 長年この地で発掘を続けてきたディアナ・ゲルゴヴァ教授は、2012年にズボリャノヴォ地区の二つの古墳から、木の箱に納められた黄金製装身具や二頭立ての馬車を発見して世界の注目を集め、日本のテレビで紹介されたり、ルーヴル美術館で特別展が開催されるなどしています。
 このたび国際文化研究所の招きで来日されるゲルゴヴァ教授に、この希有な大発見について、そして精巧な黄金製品を残したトラキア人について、お話をしていただきます。

       
                   
発掘の進むズボリャノヴォの古墳群
                 

出土した二頭立ての馬の全身骨格

       
                   
黄金製品の出土状況
                 

出土した黄金製イヤリング

<
日時

2015年6月21日(日) 13:30~15:00

場所

池袋サンシャインシティ文化会館7階会議室 704・705室 
(古代オリエント博物館と同じフロアです)

講師 ディアナ・ゲルゴヴァ (ブルガリア科学アカデミー附属考古学研究所・博物館 上席研究員)
Prof. Dr. Diana Gergova (Senior Researcher, Bulgarian Acamey of Science)
参加費 500円 (古代オリエント博物館友の会会員は無料)   ※事前申込は不要です。
使用言語

英語(通訳あり)  通訳:千本真生(東海大学研究生)

共催

一般社団法人 国際文化研究所  ホームページはこちら

講師プロフィール

ディアナ・ゲルゴヴァ
Prof. Dr. Diana Gergova  
ブルガリア科学アカデミー附属考古学研究所・博物館上席研究員
ICOMOSブルガリア国内委員、国連「神道」国際基金委員、葬送儀礼研究(ルーマニア、ブライラ)国際協会、文化財保存国民会議など各関係機関委員

 専門分野はトラキア考古学、信仰と葬送儀礼、比較研究、考古測量学的方法。
 ブルガリアの国立歴史考古学保護区ズボリャノヴォで古代トラキア人(ゲタイ族)の文化や儀礼習俗を明らかにするため、長年にわたり発掘調査に従事している。同保護区には1985年に世界遺産に登録されたスヴェシュタリ・ギニナ・モギラ古墳をはじめ、数多くのトラキア古墳、キリスト教やイスラム教の聖所などの遺構が群集している。
 一般社団法人国際文化研究所(代表・濱田靖子)は2011年からサマースクールを開講し、日本から希望者を募ってスヴェシュタリ古墳群で発掘調査のボランティア活動を展開している。


  • 古代オリエント博物館“友の会”のご案内 - 多くの展覧会・催しへの参加をご希望の方は特典満載の友の会がおすすめです。

ご案内

訪れる

ご来館ガイド

開館時間
午前10:00~午後5:00
(入館は午後4:30まで)
休館日
展示週間中は無休
【直近の休館予定日】
展示週間中は無休
休館予定日については今後の展示予定をごらんください。

「展覧会スケジュール」へ